スクワランオイル説明

 

スクワランオイルとは?どんなオイル?

スクワランオイルの原料である「スクワラン」は、海面から200mから1000m下の深海に住む深海鮫の肝臓から取れる肝油オイルです。厳密にいうと肝油から抽出した状態では「スクワレン」といいます。「スクワラン」にするには、「スクワレン」を蒸留し、精製する必要があります。

この「スクワレン」は私たちの体内にある生体成分で、皮脂や脂肪組織に多く含まれています。そのため、肌への親和性がとても高く、しかも安全に使用することができます。

また深海鮫からだけでなく、オリーブや大豆などから抽出される「スクワラン」もあります。植物性のスクワランは肝油オイルよりも量が少ないのですが、もともと刺激が少ないスクワランオイルの中でも、さらに刺激が少ないことから敏感肌の人におすすめです。肝油由来・植物由来いずれにしても天然の原料から作られているため、スクワランオイルはとても安全に使えるオイルと言えるんですね。

 

最も大切なのはスクワランの純度!

スクワランオイルを選ぶ際に最も気を付けたいポイントは、オイルに配合されているスクワランの「純度」です。スクワランオイルを選ぶ際には、スクワラン以外の物が含まれていない、できるだけ純度100%に近いものを選ぶことがおすすめします。

 

スクワランオイルに期待できる効果とは?
浸透力が高く、オイルなのにべたつきが少ないことから人気のスクワランオイルですが、最後にその効果やツカイカタノコツなどをまとめておきましょう。

皮膚呼吸を促進させて代謝を活性化

天然素材であり、生体にも存在する成分であることから安心して使用できるスクワランオイルですが、具体的な効果や効能にはどのようなものがあるのでしょうか?スクワランオイルの効能としてはまず第一にアレルギー反応が出にくく、肌が弱い方や敏感肌の人も安心して使用することができるという点が挙げられます。赤ちゃんにも使えるのはこのためですね。

オイルの粒子が細かいため、肌への浸透力に優れているのもポイント。浸透したスクワランオイルには酸素を供給する働きもあるので、皮膚呼吸を促進させて代謝を活性化させるのにも役立ちます。加えて、スクワランには他の有効成分も一緒に浸透させる「ヴィークル効果」と呼ばれる力もあるため、スキンケアの効果をより高めるためにも一役買ってくれます。

さらに、スクワランオイルには、古い角質を落としてくれる角解作用や、皮脂と同化して天然の皮脂膜を作る作用、殺菌作用などもあります。また何と言ってもオイルであるにも関わらず酸化しにくい性質があるため、安定した品質のものを使用することができるのも魅力的ですよね!

顔だけでなく、髪や肌など全身に使える!

スクワランオイルは顔だけではなく、全身に使うことができます。特におすすめなのは、ヘアケアへの利用ですね。スクワランオイルは保湿効果に優れているため、紫外線やパーマなどの日頃のダメージで傷んでしまっている髪の毛に潤いを与えてくれる効果が期待できますよ。

またスクワランオイルには殺菌効果もあるため、頭皮環境を整えて、嫌な頭皮の臭いなどにも働きかけてくれる効果も期待できます。少量のスクワランオイルを週に3~4回、洗い流さないトリートメントとして使用するのもいいですし、月に2回程度のスペシャルケアとして、スクワランオイルをたっぷり髪の毛に塗った後にラップで包んで浸透させ、その後にしっかり洗い流すといった使い方もおすすめ。

全身に使用できる万能なスクワランオイルを、毎日のケアに積極的に取りいれてくださいね!

まとめ

スクワランオイルを選ぶ際のポイントをご紹介してまいりました。浸透力がとても高く、また敏感肌の人なども安心して使えるスクワランオイルは少量でも伸びがとてもよいですし、ベトベトしないため、オイルの使用感が苦手という人もスキンケア・ボディケアに取りいれやすいことが特徴です。

安心して使うことができるスクワランオイルを毎日のケアに取りいれて、美肌・美髪を手に入れてくださいね。

※mybestスキンケアオイルおすすめ情報サービスより一部抜粋

有名な化粧品会社だと15ml 1,500円程度ですので1ml 100円ですが、

ボディリセット整体院では取引会社からの大量注文により1ml 50円 半額で提供!

 

スクワランオイル300ml

15,000円(税込)

トップページ » スクワランオイル説明